プリント基板設計・製造・試作-超短納期でお応えします。株式会社システム・プロダクツ






短納期を実現する設計体制と工程管理がキーになります。
短納期を実現する為には効率よく作業が進めることが重要です。そのためにはお客様との密なコミュニケーションをとる事と、社内でも設計担当者や営業担当者が連携し、お互いの意図・工程を理解して進めることが何よりも大切です。いかに後戻りなく作業を進める事ができるかに掛かっています。

《分割設計》
最新のCADを使い分割設計で工数を縮めて参ります。例えばデジタル部とアナログ部、電源部など回路的に分割しても問題が無い場合はCADの特徴を生かして複数名で1枚の基板の設計を行います。
これまでも分割設計の経験は多数り問題なく対応ができますのでご安心下さい。

《2交替設計》
分割ができない場合、または分割した上に更に納期を早めたいという場合には昼夜交替設計を行い、可能な限り工程を縮めて参ります。交替設計はスキルが同等レベルの設計者が同じ思想で設計を進める事がポイントです。このすり合わせがしっかりできないと仕上がりにムラが出てしまい、性能にも大きく影響を及ぼす結果となります。交替時のすり合わせには充分な時間を取りお互いの設計思想の統一を図ります。

《基板製造と部品実装》
ものづくりにおいては基板設計だけではなく製造も早くなければ意味がありません。短納期システムの通り「マッハ便」「ジェット便」を駆使して基板製造を行い、部品実装に関しても事前の打合せを製造部門と十分に行う事ことで超短納期を実現致します。設計から一貫して受注する強みがここで現れてくるのです。






by adart
Copyright © 2008 SYSTEM PRODUCTS CO., LTD. all rights reserved.