プリント基板設計・製造・試作-超短納期でお応えします。株式会社システム・プロダクツ





環境整備【クリーンマインド作戦】
私たちは「全ての事業活動の原点」であり「心の表現」として取り組んでいる「クリーンマインド作戦」と名付けている社内外の環境整備を毎朝20〜30分かけて行っています。毎日磨き続けて25年になります。お客様・仲間に対する気配り・心配り、高品質な設計も整備された環境から生まれると考えています。単なる掃除ではない環境整備で身についてくる「気づきの心」こそ設計をする上で非常に大切な事であり、お客様から言われなくても配慮のある一段レベルの高い仕事ができるようにこれからも毎日やり続けて参ります。

品質を高める為の様々な検査体制。
設計者は誰もがミスを起こさないように設計作業をしています。自己チェックは「ミスがないはず」という意識で行う傾向にあります。なかなか客観的にチェックできないものです。そこで第三者の目で厳しくチェックをして小さなことも見逃さないように注意をしています。フィードバックを受ける事で自己チェックに対する意識を高めていきます。

《マクロ作成チェック》
新たに作成した部品データは必ずデータシートとの照合チェックを第三者が行います。思い込み、カタログの見間違いが無い様にシスプロ独自の専用検査書に基づいてチェックをします。最終段階で更に別の設計者が承認チェックを行い作成基準に沿って正しく作業がなされているか、検査も正しくされているかを判定し、厳しい検査を通ったものだけを最終的に使用するシステムです。部品作成ミスは部品が実装できないという致命的なミスに直結します。

《出荷前検査》
お客様にご検図頂く図面は、シスプロ独自の検査書で細かい所まで第三
者によるチェックが入ります。お客様の標準仕様通りに設計できているか、特別仕様(配線長調整・インピーダンスコントロール等)に沿って設計しているかなどの検査を行います。基本的には検査の段階で問題がない状態を目指して品質には留意して設計作業にあたります。この時に環境整備で培っている「気づきの心」が問われてくると考えています。

《製造性チェック》
第三者検査もパスし、お客様からも最終OKを頂いたデータについては基板製造手配をする前に製造性チェックソフトで最終検査を行います。昨今の仕様の複雑なものについては目視による検査では発見できないものが多くあります。機械的なチェックを行うことで僅かな問題点にも万全を期して製造時に起き得る不備な点は全て解決します。この検査を全点について行い高品質な商品をお届けする事ができます。



by adart
Copyright © 2008 SYSTEM PRODUCTS CO., LTD. all rights reserved.